支部会則
ホーム >支部会則

和歌山県支部会則

  •  
  • 第1条(目 的)
  • この支部は、会員の親睦を図り、あわせて大阪産業大学校友会(以下「校友会」という。)並びに学校法人大阪産業大学(以下「大学」という。)の発展に寄与することを目的とする。
  • 第2条(名 称)
  • この支部は、大阪産業大学校友会和歌山県支部と称する。
  • 第3条(事務局の所在地)
  • この支部は、事務局を和歌山市に置く。
  • 第4条(事 業)
  • この支部は、第1条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。
  • (1).  会員の親睦と提携を一段と強めるために、つどいの場を多く設定するなど、支部会員(以下「会員」という。)の福利厚生及び相互扶助に資する事業を行うこと。
    (2).  支部又は会員が、校友会本部並びに大学との連携を密にし、それぞれの発展に資する事業を行うこと。
    (3).  会員に関する情報又は資料を収集、整備し、及び提供する事業を行うこと。
    (4).  その他支部の目的を達成するために、必要な事業を行うこと。
  • 第5条(会 員)
  • 会員は、大阪交通短期大学、大阪産業大学、及び大阪産業大学短期大学部の卒業生で、和歌山県内の出身者若しくは和歌山県内の在住者とする。
  • 第6条(分 会)
  • この支部に、分会を置くことができる。
    2.分会について必要な事項は、常任役員会の議を経て別に定める。
     
  • 第7条(会費等)
  • この支部の経費は、校友会本部からの活動助成金、寄付金、その他の収入をもってあてることとし、必要に応じて、実費又は分担金を徴収することができる。
     
  • 第8条(役 員)
  • この支部に、次の役員を置く。
  • (1). 支部長 1人
    (2). 副支部長 6人以内
    (3). 幹 事 2人
    (4). 代議員 15人
    (5). 会計監事 2人
  • 第9条(役員の職務)
  • 支部長は、この支部を代表し、この支部の事務を統轄する。
    2.  副支部長は・支部長を補佐し、あらかじめ支部長の定める順位により、支部長に事故があるときは、その職務を代理し、支部長が欠員のときは、その職務を行う。
    3.  幹事は、支部長及び副支部長を補佐し、庶務及び会計に関する事務を掌理する。
    4.  代議員は、会員との連絡を密にするとともに、総会に出席して議案を審議し、議決に加わる。
    5.  会計監事は、この支部の会計の状況を監査し、その監査の結果を総会に報告する。
  • 第10条(役員の任免)
  • 役員は、総会において選任し、又は解任する。ただし、代議員は、常任役員会において選任し、又は解任する。
  • 第11条(役員の任期)
  • 役員の任期は、2年とする。
    2. 役員は、再任されることができる。
    3. 補欠で選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  • 第12条(総 会)
  • 総会の構成員は、支部長、副支部長、幹事、及び代議員とする。
    2.  総会は、支部長が招集する。
    3.  総会は、随時、必要と認めたときに開催する。
    4.  総会は、総会の構成員の2分の1以上の出席がなければ、議事を開き、議決をすることができない。ただし、書面をもって委任の意志を表示したときは、その者を出席者とみなす。
    5.  総会の議事は、第14条に規定する場合を除き、出席者の過半数で議決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
  • 第13条(常任役員会)
  • この支部に、常任役員会を置く。
    2.  常任役員会は、支部長、副支部長、及び幹事の全員をもって組織する。
    3.  常任役員会は、支部長が招集する。
    4.  常任役員会の議長は、支部長をもってあたる。
    5.  常任役員会は、総会に提案すべき事項や、この支部の事業の執行に関し、重要な事項などについて、協議し、決定する。
  • 第14条(規約の変更)
  • この規約の変更は、総会の構成員の2分の1以上が出席し、その出席者の3分の2以上の多数による議決を必要とする。
     
  • 付 則
  • 1.この規約は、昭和57年7月25日から実施する。

 

  • 事務局
  • 支部一覧
  • 凡友
  • 卒業生の会員登録フォーム
  • OB紹介
  • 大阪産業大学
学校法人大阪産業大学は平成30年11月に創立90周年を迎えます。

ぺージの先頭へ戻る